「10年説。」

以前、書いたかどうか忘れたんだけど、

“10年説”とは、

「形あるものいつかは壊れる」

の言葉通り、

何かしら買ったものが、

10年経つと不調を訴えると言うもの。

(特に電化製品が顕著。)

 

ウチも例外なく、

テレビ、ドライヤー、掃除機等が次々と壊れた。

ああ、先日は給湯器も直したんだった。

いくら新品からスタートしても

10年経つってことは、そういうことなのだ。

その中でも、

“屋根”。

これはさくっと買い替えが聞かないので切ない。

 

ウチがスケルトンをやったのが10年前、

で、隣も影響されてか笑、

屋根だけ葺き替えていた。

その隣家がコーティングだけやるって事で

まあウチもやっちゃおうって事になった。

 

すると、

別の隣家まで飛び火笑。

ただいま工事中。

 

するとすると、

裏の隣家まで屋根の補修が始まった。

やるなあ、ここの営業。笑

「お隣もやったんですよね~。」

って営業は効くと思うわ。笑

 

子供の頃は、

家があるのが当たり前だと思っていて、

(いや、当たり前だとも思わない程、何も考えてなかった。)

屋根に補修が必要だなんて思った事もなかった。

でも、親はその度に修繕費を工面し、

家を守って来たんだなあとしみじみ思う。

 

小学生の頃、

庭で石をバットで打っていて、

玄関の分厚いガラスを割ったなんて

今考えると、とんでもない事したなあと思う。

もう、きっちり叱ってやりたい。

(そもそも庭で石打つなよ。泣)

本当にスミマセンでした。汗

PS
最近、アメブロの調子がめっちゃ悪くて、「保存出来ませんでした。」ばっかり。怒

・・・あ!アメブロ10周年だ!!