「自分を不安にさせるのは自分の心。」

今週はさすがに休み。

カミさんの会社も外資って事もあり

しばらくお休み。

自分はこうしてブログを書き

カミさんは本を読んでいる。

たんたんは毛布の中にいる。

いびきが聞こえるので爆睡中。

 

ウチのすぐ近所では

目に余る買い占めや買いだめは横行していないけど

少し離れた大きいスーパー等では沢山人も来る事もあり

やはり買い占めや買いだめする人は多い。

自分もカミさんも貧乏な頃を経験してるし

食にもこだわりがないので

モノがなくてもまあまあ生きて行ける。

それに二人共、

モノがなくても殺伐としないので

いつも通りに暮らしている。

 

枝野官房長官や蓮舫大臣は

「買い占めや買いだめを控えるように。」

って言っているけれど

それを素直に聞ける人なら

そもそも最初から買い占めなんてしない。

今、東京の人を汚染しているのは

放射能じゃなくて「不安。」と言う目に見えない物質。

地震や原発の不安、

衣食住の不安。

ただでさえこれだけの不安があるのに

テレビではただそれを煽るだけ。

 

もちろん、

危機意識を持つ事は大事だけど

状況が悪くなる可能性なんて

可能性だけで言ったらきりがない。

伝え方に問題がある。

この状況は続くけれど

自分を不安にさせるのは

自分の心なのだと思う。

まだまだ切羽詰まっている訳じゃない。

ひとつ大きく深呼吸、

皆で乗り越えよう。

 

ちなみに節電。

ウチでは布団に湯たんぽを入れてこたつがわり。

カミさんと二人であたっている。

自分は体温が高いので

結構あったかい。

それでも寒かったら

たんたんに協力してもらおう。