『オルセー美術館。』パリ日記12/02(木)

「何でこんなぎょーさん女の人がおるんや、これ~。」

「あたし、これ嫌いやわ。気色悪ぅ~。」

ここはオルセー美術館の中。

関西弁のおばちゃん3人とおっちゃんが1人

絵を鑑賞中。

 

その内、おっちゃんが

おもむろに絵の写真を撮り出した。

「アンタ、何でこんな絵の写真撮ってるん。必要ないやろ。」

「いや、でもな♪」

パシャ!パシャ!!

フラッシュが光る。

(これは教えてあげた方がいーかな・・・。)

と思った途端、

『ヘイ!!!スィルヴプレ!!!!スィルヴプレ!!!!!スィルヴプレ!!!!!!』

怒号が響く。

屈強な警備員3名が駆けつけ彼らを取り囲んだ!

『ヘイ!!!スィルヴプレ!!!!』

 

そう。

オルセーは撮影禁止。

(もちろんフラッシュも。)

「アイムソーリー、アイムソーリー。」

「ほら!だから言ったやろ!!こんな写真撮るからやで!!!」

ああ・・・とほほ。

 

オルセーは地上階、中階、上階の3層になっているのだが

上階への階段が目立たない奥にあって

見逃す人もいると思う!

(いるよね?いるよね?しくしく。)

そう、見逃しました。

メインの上階を見てないのです・・・。

がっくり・・・。

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ。「It's now or never.」 
オルセー美術館前。ここは撮影OK。

 

先日も書いたジュテーム♪

ここオルセーもジュテーム全開です。笑

今月クリスマスだもんね。

美術品を前に愛を語る。

パリですなあ♪

 

この日はまたルーヴルに行って来た。

ミュージアムパス、便利便利♪

先日行った時に

ラ・トゥールの「大工のヨゼフ」

をカミさんが見逃したとの事。

ろうそくの灯の明と暗を

絵で表現出来ているなんて凄い。

手から漏れる灯までリアルに表現されていて

温度まで感じる事が出来る。

(いい加減「凄い」って言葉何とかならんかな。

もっと適切な言葉があるはず!)

でも凄い。

 

ルーヴルでもオルセーでも

いろいろ沢山の絵を見て

とても勉強になったこと。

それは

「構図。」

自分の思いもつかないような構図。

自分も写真を撮る時は

一枚一枚絵を描くつもりで撮っているので

とても勉強になった。

これからの撮影に活かせればいいと思う。

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ。「It's now or never.」 
ルーヴルは常設展示は基本撮影OK。フラッシュは禁止。

 

☆本日歩いた歩数☆
27000歩。(百以下切り捨て)

☆ヤマグチ的プティギィドゥ☆
『ホテル飯。』
海外に行ったらかかせないのがホテル飯。
外食ももちろんするけど
デリとかいろんなとこで好きな物買って来て
ホテルで食べるのもめっちゃ楽しいのだ♪
ただ、この時期は買った時暖かくても
ホテルに着くまでに冷めてしまうのが難点。
気温零度だもんね。笑
ご飯と言う訳ではないが
Knorr(クノール)の
「Secrets de Grand-Mere」
(おばあちゃんの秘密)
という粉末のスープ。
(お湯を入れるだけ。)
そのまま飲んでも美味しいけど
コショウとチーズを入れると神の味に♪
パンはどこで買っても美味しいので
ちょっと小腹が空いたらこれでオッケー!
食べ過ぎたかな?と思った時は
ホテルでこれとリンゴを食べてました。
(最近ちょっと太りそうだったもので・・・へへ。)
価格は3袋入って1ユーロちょっと位、おススメです!
あとLUのお菓子は安くて美味しいです。
ちょっとしたおやつに♪