「メンタルの強さ?図々しさ?それとも?」

今日も20キロ離れたパン屋さんへ

モーニングを食べに行く。

 

車の運転はあまり好きじゃないけど、

このドライブはルンルンルン♪

 

ここの美味しさと環境、

往復40キロ超

車を走らせる甲斐があるってもんだ。

 

8時前だと言うのに、

今日は珍しくまあまあな混み。

(店内はそんなに広くなく

カウンター8席と4人席がふたつ。)

 

4人席のひとつは、

4人家族。

もうひとつは、

スマホをいじるおじさん一人。

(言うて自分より年下だけど笑)

 

どの席に座るかは自由。

でも、

4人席はこれで満席。

 

このお店は子供連れ(ベビーカーのお子さんも)や、

お年寄りも多く来店する。

ここに、

3人以上のお客さんが来るかもと思っただけで

胃が痛い笑。

 

(ああ、席空いてないね。)

(もう食べ終わってるね。)

(飲み物も空だね。)

(スマホいじってるね。)

 

ああ!

誰も待っていないのに

心の声が聞こえる!!

彼にはプレッシャーなるものは無いのか。

メンタルが強過ぎる。

羨ましい。

 

だってさ、

カウンター席が満席なら分かるけど、

カウンター席はガラ。

(ちなみに、椅子の形は同じ。

カウンターだから”高くて座りにくい”と言うのは無い。)

ベビーカーとか、

お年寄りとか来たらと思うと

気になってモーニングどころじゃないよう。

 

人に因ったら

「スミマセン、ここ4人席ですよね。

カウンター席に座ろうとか思わないんですか?」

ってプレイヤーへのダイレクトアタックもあるやも汗。

 

もちろんだけど、

彼は何にも悪く無い。

悪いどころか、

きちんとお金を払ってそこにいるのだ、

誰に気を遣う事は無い。

(もちろん、

待ち合わせも考慮したけど、そうではなかった。)

 

自分に無い物を持ってる人には

非常に興味がある。

そのメンタルの強さはどこから!

考えられるのは、

「ここはオレの席なのだ。満席なのだから諦めるがよい。」

とか、

「ざまーみろ、オレのせいで座れない。ききき。」

なんだけど、

一番今風なのは

“そもそも、4人席に一人で座ってるとは思っていない。

後から来る人は自分には関係無いし、考えた事も無い。”

要は、

「空いていたから座った。」

これ以上でも以下でもない、

これな気がする。

 

いずれにしても、

周りの事を知っていて見ようとしない人、

周りの事が本当に全く見えない人は羨ましい。

それだけストレスが無いのだから。

そういう人達に、

この世の中はどんな風に見えてるんだろう。

 

私「そういう人になれたらいいなあ。」

妻「いいよねえ。」

私「でも、無理だなあ。」

妻「無理だよねえ。」

 

たぶん、

こういう事が気になってしまうのは、

人生が美容師と言う接客業から始まったからだと思う。

おまけにヘアメイクは

モデルやタレント等の一番側にいるので、

心情や体調等に気を遣う。

(おべんちゃらとか、世辞とかでは無い。)

それがベースにありプラス私情、

「自分の領域内では、自分の常識が通用して欲しい。」

と言う気持ちが強いんだと思う。

 

自分が居心地が良い場所では、

居心地の悪い事は許せない。

でも、現実はそうはいかない。

ここに軋轢が生まれて

ストレスになるんだろうなあ。

 

今回も、

何か自分が迷惑をこうむった訳じゃないし、

彼がどうこうってより

自分をストレスから守りたいからなんだろうなー。

 

先日、

脳神経外科の先生に

「今後、ストレスには十分気をつけて下さいね。」

って言われたから尚更なのかも。

そういうのに敏感にならずに

良い意味で鈍感に巧く付き合えるといいんだろうね。

 

なぁーんて

自己分析風に書いてはみたけど、

ただ単に、

いつまでも素知らぬ顔で4人席を一人で独占、

腰をがーと落としてだらしなく座り、

スマホいじってるのが

気に入らなかっただけなんじゃねーの?

正直に言・い・な・よ♡

 


と言う事で、このお店のアップルパイ(ホール?)を買った。
この濃厚なバターの香りがリラックス〜♪

 


「リフレッシュ。」

ここ3週間程、

仕事以外でパソコン(スマホ含)を見なかったおかげで、

すこぶる体調がいい。

 

元々ネットの記事とかは見なくなったし

(内容が薄過ぎる)

SNSも殆ど手をつけていない。

(連絡手段として使うくらい)

 

時代に逆行しているかも知れないけれど、

やっぱり目が疲れるのってよくないわ。

 

あと、

集中すると時間を忘れてしまう

=座ったまま

=同じ姿勢

=肩こり、身体も硬化

今回みたいな事になる。

 

数日前、

ちょっと長い文のメール打ってたら、

みるみる後頭部が硬くなって来て怖かった。

パソコンやスマホのやり過ぎで”くも膜下”なんて

しゃれにもならない。

 

ちょっと快くなると、

あの痛さ、大変さを忘れてしまう。

悪いクセだ。

がっつり身体に叩き込まないとね。

 


20キロ離れた所にある、大好きなパン屋さんのモーニングを食べに行く。
毎日、パンはランダムなんだけど、何と伝説のアップルパイが♡
快復に拍車がかかるね。リフレッシュ♪