「何回も見る夢。」

何回も見る夢って

皆あるんじゃないかな。

 

昔から自分が見る夢、

それはmod’s hairにいた頃の夢。

定期的によく見るんだけど、

何故、

よく見るのか昨日分かった。

 

夢では、

ほぼ、ラフォーレ原宿店にいる。

(店長は真野さんだ笑。)

 

もちろん、

今の自分が夢に出ている訳だから

見た目はまんま、

ヘアメイクであり、

フォトグラファーであり、

グラフィックアーティストであるが

mod’s hairの一員ではない。

 

夢では、

自分の事を慕ってくれていた後輩が

初めて登場した。

 

グレーのスーツでビシッとキメていて、

何かお洒落なネクタイをしている。

(シルバーぽくて、稲妻みたいなシルエット。)

 

にっこり笑って近づいて来た。

 

「おいおい、どーした笑。

こんなキメちまって、結婚式か?笑」

「ヤマグチさん、

実はこの度フロント入りする事になったんです。

今日はそのご報告に。」

「え。」

 

フロント入りと言うのは、

美容室勤務から外れ

事務所(裏方)勤務になると言うこと。

 

「でもよかったじゃねーか♪

裏方でもmod’s hairには代わりないんだし、

美容師だって元々裏方なんだしな♪」

「はい!これからもよろしくお願いします。」

「頑張れよ♪」

 

すると、

彼が自分の腕を引っ張って

(ヤマグチさん、

ちょっとお話したい事があります。)

と真面目な顔をした。

 

「お、おい、なんだなんだ?」

 

彼は耳元で囁いた。

「ヤマグチさん、

サロンにはいつ戻って来てくれるんですか?

今回、僕が裏方になったのも、

こうしてヤマグチさんを待つ為だったんです。

遠慮しないでいつでも帰って来て下さい。」

 

すると、

急に涙がぶわっと溢れ出した。

(オマエ、何でそれ知ってんの?)

後輩はにこりと笑った。

 

そこでバッと目が覚めた。

何でこの夢を何回も見るのか

初めて分かった。

(ああ、オレ、mod’s hairに戻りたかったんだ。)

 

mod’s hairを辞めたのは、

別に嫌になったとかでは全く無い。

mod’s hairでヘアメイクになるには、

サロンにいてはなれない事が分かったからだった。

(当時、サロンからアトリエに上がるのは不可能だった。

たった一人、先輩の大平さんを除いて。)

 

mod’s hairの夢を見た時、

いつも後ろ髪を引かれる思いがしたのは、

このせいだったんだろう。

 

もちろん、

実際戻りたいと思っている訳じゃない。

でも、

辞めたくて辞めた訳じゃないこと、

ひたすら夢を追いかけていた頃だったから

辞めてしまった事が

心残りだったんだろうと思う。

 

たぶん、

この夢はもう見ないんじゃないかな。

その後輩に感謝しないとな、

ありがとう!

オレは元気でやってるぜ!

 


これはParisのmod’s hair。青山店、原宿店、銀座店、沢山勉強させてもらった。
今の自信はここでの学びがあってこそ。感謝です!

 

 


「MacのPDF、もうイヤ!」

フリーランスと言う事は

当然のごとく、

請求書を出したり、税の申告したりと

事務的な事もやる。

 

請求書は、

今までWeb上で作成出来るサイトを

利用してたんだけど、

更新だかなんだかあるらしい。

手続き見たらえらいめんどくさい。

 

てな訳で、

そこはもう止めにして

経理のプロ中のプロである妻に

請求書のひな形を作ってもらう事にした。

 

請求書と言えば、

通常、書式はPDF。

Macにエクセルが入っていればラクだけど、

プレビュー編集しなければならない。

 

一応、検索したら

そんなに面倒じゃなさそうなので

ささっと妻にPDFを作ってもらい

請求書を制作することに。

 

こんなん、

手書きだったら1分もかからないけど、

まあ、

今後の事も踏まえてだね。

 

(あれ?

このWebの説明とウチのMac、

ツールバー違うじゃん。

全然分かんない。)

 

・・・・・。

 

苦戦に苦戦、

1枚書くのに45分もかかった・・・。

(よくビッグバン起きなかったな・・・。)

 

手書きだと時間もかかるし、

ミスの書き直しもめんどいって事で、

わざわざパソコン上でやってんのに

このアナログさ。

 

アナログさは、

これだけにはとどまらない。

このPDFをUSBメモリーに入れて、

近所のコンビニに持ってくのだ。

 

請求書を書くだけで、

丸1時間かけてるって

オレってどんだけ暇人なの?笑

 

ま、

でも、

コンビニに何か買うついで

ってのもあるじゃない♪

 

と自分に言い聞かせ、

USBから出力。

 

ガガーッ

ぴらり。

(は〜、やっと出来たよ。)

 

と、

プリントされた請求書を見ながら

二、三歩進む・・・

(おー、綺麗じゃん♪)

 

「うおっ!!!」

もう、おっきい声出た。

 

撮影の日付が入ってなかった・・・。

どかーん。

 

はい!

このブログ書いた後、

PDF編集し直して、

コンビニ行って来ました!

 

たま〜に

こうやって試されるんだよねー。

 

「あれえ?

もしかしてちょっと怒ってるう?

ムカついちゃったあ??」

NHK、LIFEに出て来る

ゲスニックマガジンの西条さんみたく。

(ココリコの田中君がやってるキャラ。面白い♪)

 

コピー代は10円、

(ま、予備で小銭20円あればいいよな。)

 

財布の中の小銭、

五円玉が4枚。

 

(よりに因って五円玉だけ・・・。)

と家の扉を開ける。

 

ぽつぽつ・・・。

(え!雨?こんなピーカンなのに???)

 

濡れない様にバッグを取りに戻る。

(このタイミングで雨か・・・。)

 

コンビニに到着。

すると、

コピー機の前には

今まで見た事も無い長蛇の列。

 

西条「あれえ・・・混んでるねえ。

あれ?あれれえ??アナタもしかして〜

『ツイてなーな、ちくしょー!』

なんて思ってるでしょ。」

自分「いや、思ってないす。」

西条「そうかなあ〜。

何か顔、怒ってる怒ってるっての。」

自分「いや、怒ってないす。」

西条「うーそーだーねー!

こ〜んなに時間かかって。

普通怒るって!普通普通!」

自分「おーい!警備員〜。」

おしまい。