「I ♡ MUSIC。」

先日、

妻が野宮真貴さんのLIVE@Billboard。

その翌日、

Your Favorite EnemiesのLIVE@Glamstein。

 

野宮さんは

Zadig&Voltaireのフラッグシップ店のopen時に

ミニLIVEを拝見したんだけど、

相も変わらず”カッコイイ”です。

BillboardのLIVEも相当素敵だった様で、

妻は目を♡にして帰って参りました笑。

 

“Your Favorite Enemies”はカナダのロックバンド、

VocalのAlexとはmyspaceからの付き合い。

本当にマメにコンタクトしてくれて

筆無精、いやメール不精の自分は見習わないとです。

2年ぶりの日本だったそうだけれど、

相変わらず”熱い”パフォーマンス!

ライブ会場が狭かった事もあって、

Alexやメンバーの熱気がガンガン伝わって来ました!

 

ライブなんて純粋に愉しめばいいのに

今までヘアメイク、フォトグラファーとして

長年音楽関係の仕事にも携わってきたせいで

すっかり”裏方病”に冒されていて笑、

どうしても裏方からの目でみてしまう。

(どうやったらお客さんに愉しんでもらえるか、

とかが気になって仕方ない。)

 

ちなみに今回のライブハウス、残念だったのは

ステージと客席の高さが同じだったこと。

(要はステージが高くなくフラット。)

なので、

前から3列目にいた 妻、4列目にいた自分でも

ステージが全く見えないという事態に。

床とステージが同じ高さなので、

少しでも見ようと思うと前の人が視界を確保すればする程、

後ろの人は確実に見えなくなって行くと言う。

Alexやメンバーが見えないのはもちろん、

プロジェクターでの演出も全く見えずじまい。

 

お客さんは100人強くらい入っていたとの事だったので

70人位が全く見えていないと言うことだわな。

自分の周りでは

(全然見えないじゃん怒)

他にも

(酒が回ったら前に突っ込むから別にいいけどさ。)

 

これは制作側の責任。

箱のブッキングもそうだけど、

(小さくてもステージのある箱、または段差を用意する等。)

見えないなら見えないなりに

事前にインフォメーション位しておいた方がいいと思うな。

アーティストはパフォ−マンスに全力を尽くすのだから、

制作側も全力でサポートしてあげないと本人達が可哀想。

それにお金を払って観に来ている人達も可哀想。

 

あと同業者、

(オフィシャルカメラマンなのかな?)

ボーカルの目前1〜2メートル位に陣取り、

立ったまま撮影していて・・・う〜ん。

こういうのってアリなんかなあ。

そういうのは段差のあるステージの時にやって欲しいし、

(ギリ、お客さんの視線の妨げにならないし。)

真正面から撮りたかったらリハの時とか、

または一番後ろから望遠で撮りましょう。

“最高の一瞬”を捉えるためには、

その位やらなきゃダメなのかもとか、

ライブに来れなかった人達の為に?とか思う反面、

実際ライブに足を運んでいるお客さんが

イヤな気持ちになったら本末転倒だよなあとも思う。

お金をもらって記録を遺す事と、

お金を払って観に来たお客さん、

どっちが大事かは言うまでもない事だと思うけれど。

 

他にも気になる所が沢山あって、

だんだん

(一緒に連れて来た妻は大丈夫だろうか・・・汗)

案の定、具合が悪くなってしまってていったん外へ。

「どう?ちゃんと見えてる?汗」

「全然。笑」

「オレも。笑」

 

いつもは仕事としてライブ会場にいるけれど、

こうしてお金を払ってお客さんとして観に来ると

もの凄く勉強になる事が沢山ある。

自分も同じ裏方として、制作側として

“決してひとごとじゃないぞ”と思った。

ノリノリのAlexを観れなくて残念だったけど笑、

次回はステージの高い箱(笑)でよろしく!

20151124

 

最近一番気になる曲は、

PentatonixのCan’t Sleep Love

“Uh…huh〜”→特にココ笑。

PentatonixはDuft Punkも好き。

特にPVでKirstinの広角が上がるのがsexy♡

&”Get Lucky”のremixはセンスだね、カッコイイぜー!

 

PS
先日、台北行きの機中で聴いた曲は
“青山テルマ×SOL from BIGBANG”の”Fall in Loveでした♪

 

 


「台北旅行その4。」

台北旅行日記最終日。

 

どの天気予報を見ても全日雨の台北。

でも結局降らずじまい♪

さすが”晴れの特異男”だぜ!

(11月3日=誕生日=晴れの特異日)

 

昼にはピックアップの車が来るので、

それまでゆっくりする事に。

もちろん朝は例のパン屋さん♪

このお店は可愛いお揃いの制服でもある♪

 

それでは台北の感想を少々。

 

1、バイク

第一印象はこれ、”とにかくバイク(50cc?のスクーター)が多い”。

交差点で何十台も並んでいて青信号と共に一斉にスタート!

元バイカーとしては、

(街中でこのスピードはマズい。)

と言う感覚があるんだけど、

街中&これだけの台数&団子状態で走っているのを見ていると正直怖い。

(1台コケたら皆コケる状態。)

よく事故らないなあと思う。

また、バイクの台数に比例して排気ガスもそれなりに多い。

ウチらの様に街歩きの人は要マスクかな。

 

2、トイレ

トイレは下水道設備の関係で(紙で詰まってしまう)、

使った紙を設置してあるゴミ箱に捨てる。

(トイレに流しては行けない。)

流さない事は出来るけど、

紙は捨てちゃうと思うんだよね汗。

ただ今回は、

たまたまホテルがウォシュレットだった為、

ウォシュレットを使う時、呪文の様に

(紙はゴミ箱へ、紙はゴミ箱へ)

と繰り返す事で回避出来た。

 

そんなホテルのトイレ、何と!

じゃ〜ん!!

20151117j

すりガラス〜(^^;)

 

3、コンビニ

街中いたるところにあり、

売っている物も日本と遜色無し、とても便利。

トイレの事にも関係するのだが、

街中でさっと入れるトイレと言うと商業施設、駅、コンビニ。

ただ、全てのコンビニにトイレがある訳ではなく

看板にトイレのマークがある所に限られる。

(下記の表示は、イートイン&ATM&トイレ有)

20151116s

ちなみに、コンビニに売ってるこの烏龍茶↓が美味い!(100円位)

20151116h

逆に微妙(失礼)だったのがこれ笑。

20151116u

 

 

4、喫煙

台北は「タバコ煙害防止法」に因り、

飲食店、ホテル、デパート等では全面禁止。

街中でも決められた場所での喫煙が義務付けられている。

(違反すると罰金が課せられる。)

もちろん歩きタバコもダメなのだが、

まあいるにはいると言う感じ。

パリと同じで、中で吸えないから外で吸うと言う流れなのかな。

パリと違うのは道路上に吸い殻が見当たらなかった事。

専門でお掃除する人がいるんだろうか。

 

5、ショッピング

台北は元々”買い物”って感じではないので、

ショッピングそのものには向いてないとは思う。

洋服やスニーカー、小物、雑貨、ブランド物等々、

そういった物は日本で買った方がいい。

いろんなジャンルの店を沢山見たけれど

改めて日本モノの多さに驚き、

(日本て凄いな。)

と思った。

そんな中、

心比心“(ジャンシンビーシン

20151117c

ここのマッサージオイルは秀逸!

妻購入の”ジャスミン オリーブ&ジンジャー”。

20151117b

全ての商品にショウガが使われていて、香りもイイ。

(部屋の中が高級エステサロンの香りになる。)

BODYSHOPやL’OCCITANEと値段構成はあまり変わらないけれど、

マッサージオイルに関してはこれが一番だと思う。

リピ買いしようと思ったけれど、

ネットではどう検索しても見つからなかった。

 

6、食事

台北と言ったら食事!

いろいろなお店があるけれど、

地元の人が行くお店が一番安くて美味しい。

20151117f
特に学生が行くお店は安くて美味い!

(歩きまくると結構ある!)

お店も屋台も普通にテイクアウト出来るので、

混んでたらTO GO!

20151116t
大体、ひとつ200〜300円位。量は多めでヘタすると1個でお腹一杯。

 

行く前からの懸念事項として

台北って美味しい物が沢山あるけれど、

自分のお腹がついていけるか(容量)否かと言う問題。

沢山食べたい!でも3食(+おやつ)は無理汗!

ただ、

炒飯でも何でも、炒め物は全然油っぽくないんで

結構食べれちゃうんだよね♪

かと言って物足りない訳でもなくて、

食べた後、油っこさが口の中に全く残らない。

これじゃあ食べ過ぎちゃうよなあ♪

 

台北と言えば、故宮博物院や九份があるんだけど

海外へは観光と言うより単なる”休暇”で行ってるので

いわゆる観光地探訪は無し。

その代わり、日本の事を100%忘れてゆっくり休めた。

(ちらとも思い出さなかった笑。)

別に日本でヤな事があるって訳じゃなくて笑、

携帯の電源を4日間入れなかった、

4日間パソコンも見なかった、

こんな休日を過ごしたかったんだよね♪

そういう意味でも大満足の台北でした!

20151116x
また来ます!台北♪