「凄いなセシリア。」

先日、Zadig&Voltaireに行った時のこと、

赤と黒のボーダーの半袖Tシャツがあった。

ディテールも好きだったし、

(買お♪)と思ったんだけど、

(ああ、色違いも聞いてみよ♪)

とスタッフのAさんに聞いてみる。

 

「Aさ〜ん、これって何色展開ですか〜?」

「あ〜スミマセン。これ赤だけなんですよ。」

「え、ボーダーって白×黒とか、チャコール×黒とか

普通ありそうですよね?笑」

「なんですけど、セシリアが”これは赤だけ”って決めたんですよね。笑」

「え〜、凄いなセシリア〜!」

(セシリアはZadig&Voltaireのクリエイティブ・ディレクター、

凄くきさくで素敵な&カッコイイ人♪)

 

何が凄いって、

自分なら間違い無く3色、いや、最低でも2色展開はする。

(気に入ったら色違いで買ったりするし笑。)

1色でしかも赤だけ。笑

作りたいのは赤1色だけ、だから他色は作らなかった。

 

ああ、

この潔さ、

この拘り、

このマインド、

ほんのかけらでも自分のモノにならないものか。

20150822
“CRY OF THE SKULL” http://www.ttrinity.jp/shop/code4joel

 


「いろいろ。(39~44)」

久々に仕事以外でパソコンの前に。

(3週間ぶり位?)

さ、ブログ書こっか♪

 

『いろいろ39″挑戦その2″』

先日の”いろいろ39″の続き。

ソフトクリームメーカーに再び挑戦!

前回、気付いた点がふたつ。

その1″初速が早い”

その2″時計逆回転”

その1は言葉通り、出始めの速度が速いので慌てないこと。

そして大事なのがその2の”時計逆回転”。

右手でレバー、左手にコーンなんだけど、

ついつい、左手を時計回りに回したくなる。

でも、この機械は逆なのだ。

くくく♪ それさえ分かればこっちのもの。

20150814a
なのにぐにょ〜ん。前回よりかなり大きいけど造形が全然バツ。次回に期待!

 

『いろいろ40″嬉”』

数年ぶりに友達(&K君♂5歳)と会う。

K君とはお初だったんだけど、いきなり鼻血出してた。

でも、

「鼻血ぶー」

って言ったら凄いウケてた笑。

 

「よくしゃべるんで五月蝿いと思います、スミマセン。」

て言われてたけど、

ぎゃんぎゃん五月蝿いんじゃなくて、ちゃんと普通に話してた。

(本当に5歳?って思うほど。)

しかも、

ソフトクリームメーカーのお店では

「こういう所では大きな声お出しちゃダメなんだよ。」

とたしなめられる僕ら笑。

 

その後、

3人で折り紙折りながらお茶してたら

「ねえねえ、お母さん。内緒話♪」

とお母さんに耳打ち。

何だろうと思ったら、笑いながら教えてくれた。

「”また会えるかなあ”」

か、可愛い!

(&嬉しいな♪)

次回は、

沢山ゴハンを食べる事と、粘土遊びを約束。

(粘土超得意だぜ!笑)

折り紙も凝ったの覚えていこう♪

 

『いろいろ41″メルアド変更”』

インターネットを始めた時から使っていたアドレスを

初めて変更。

変更自体は簡単だけど、

ネットバンキングや、ネット系も全て変更しなくてはいかん。

丸一日作業。

でも、

迷惑メールとかは一掃、気持ちいい。

 

『いろいろ42″ZADIG&VOLTAIRE二子玉川店OPEN”』

恵比寿三越のAさんもヘルプで来ていたんだけど、

相変わらず気持ちの良い接客♪

いくらモノを気に入ってもそれだけじゃ買わないもんね笑。

これでまた二子玉に行く愉しみが増えた♪

ついでに、

蔦屋家電のBang&Olufsenも見たかったんだけれど

入場制限?なのか入れなかった、残念。

夏休み中だからなのか、すっごい混んでた二子玉だった。

20150814
OPEN記念☆購入者ノベルティの数々。(いくら以上だったか忘れたけど)
最近トート使うので嬉♪&USBも意外と使う♪ノートは勿体ないから使えない笑。

 

『いろいろ43″やっぱり”』

ここ最近、今まで殆どやった事が無かった

“プロフィール写真”の撮影(&ヘアメイクも)

をぼちぼちやっている。

プロフィール写真はその人にとって大事な入口でもあるし、

その人直で喜んでもらえるのは嬉しくやり甲斐もある。

そして、昨年末からの

「還元したい。」

と言う自分の気持ちにもマッチしていてすこぶる愉しい。

 

元々美容師、ヘアメイクと言うのもあるけれど、

「女性を素敵に撮る。」

(素敵=カッコイイ、綺麗、可愛い等々)

のは本当に得意なんだと思った笑。

 

『いろいろ44″不思議な距離感”』

パソコンを開いたついでにニュースにも目を通す。

そこに先日芥川賞を受賞した又吉さんの記事が。

取材の際、取材者に失礼な物言い(タメ口)をされたそうな。

それに関しての彼のコメント、

“たまに(取材者で)距離感が不思議な人がいる”

これは巧い表現だなーと思った。

人に対してコメント(注意や否定的なこと)する時、

言葉遣いを誤ると”同じ穴のむじな”になってしまうし、

「だからそういう扱いをされるのだ。」

といわれのない誹りを受けかねない。

そういう意味でもこの表現はとてもいい。

感情に左右されていないし、第一スマートだ。

言葉をきちんと選んだ事で

“こういう人はイヤなんだ”と言う本人の意志はハッキリ伝わって来るし、

同じ次元で話してはダメなんだと言う事も分かる。

ブログではネガティブな事は書かない事にしているけれど

こういう表現なら自然だ。

参考になります!

 

何かもっと沢山書く事あったんだけれど、

今日はこの辺で。