「ルーヴル美術館展@国立新美術館。」

現在、国立新美術館で行われているのが

”ルーヴル美術館展”。

Parisのルーヴルは巨大過ぎて観きれなかったが、

この位のキャパならちょうどいい。

ゆっくり観れるね♪

今回は日本初、

フェルメールの”天文学者”の展示もある。

 

自分は腰重&率先して行かないので

妻の様に興味のある人に連れて行ってもらえるのは有り難い。

ただ、

国立新美術館とは相性が悪く、3回行って3回雨と言うね。

打率10割。

 

今回は風俗画がメイン。

宗教画程のインパクトは無いけれど、

人物画は好きだし、とてもよかった。

(”割れた水瓶”が好きかな。)

あと、

小さい額の作品が多いのも気に入った。

何か、

絵でも写真でも「大きくないと」的な人の発言を聞くと

(そのルールってどこから?誰が?)

っていつも思ってたので、小気味好かった。

 

同時開催で、

各美大(武蔵野美、多摩美等5校)の卒業展示もやっていたけれど、

感想は・・・う〜ん

日本には美術、芸術は全く浸透していないので

(今の日本で、美術、芸術って何なんだろう。)

とは考えさせられた。

まさに棘。

そういう意味で小谷元彦さんは凄い。

 

自分も写真では

そういう道を目指しているけれど、

何を以てゴールと言えるのだろうといつも思う。

ただ、

某かの賞を獲ったり、

個展等の展示をする事と言うのが違う事だけは分かっている。

 

まず、

自分の世界観を具現化出来る様になる事が一番大事で、

それが推参でなく評価され、最終的にお金になる。

のがゴールなんだろうか。

“お金になる”と言うのは下世話ではあるが、

自分の世界観に純粋にお金を出してくれる。

と言うのは最高だと思う。

そういう意味でもやる価値がある。

(どうせ日本じゃダメなんでしょう〜〜。)

なんて言っていないで、

(おお!日本にこんな逸材が!)

と言われたいね♪

20150226a
ティツィアーノ”鏡の前の女”

 


「COVER更新。」

自サイト”JOYEUXJOEL”のCOVER更新。

 

見た目は思いっきそ簡単そうに見えるけど、

“決められない自分”には、めっちゃハードルが高い。

フォントとか、フォントのスタイルとか

色とか大きさとか配置とか・・・。

“JOEL”のフォントスタイル決めるのに

どれだけかかった事か。

 

そう!

自分は「決められない男」!!

 

例えば、ゲームを始める時、

プレイヤーの名前、或は職業等を決める。

その後は髪型やら装備やら決める流れになるけれど、

それが全然決められない。

だから今のゲームはやらない(と言うか出来ない笑)。

写真のセレクトはもちろん、

他の決めごとはすぐ決められるくせに

何故にこういうのはダメなんだろう。

 

 

昔、

全然眠れない時期があった。

ふとんに潜って1時間寝れないのはざら。

毎日2〜3時間は寝付けなかった。

寝付くのが4時頃なので、

仕事の前日は殆ど寝れない状態。

これじゃいかんといろいろ考えたけれど

考え過ぎる=不眠と言う図式も招きかねない。

 

そんな中、

あるきっかけが状況を一変させた。

 

映画でもマンガ(アニメ含)でもゲームでも

“こうだったらいい”的に思う時が誰でもあると思う。

寝る時にたまたまそれを考えてたんだけれど、

根が完璧主義なので笑、

シナリオだけでなく、時代背景、キャラ設定等いろいろ考えてたら

気がつくといつの間にか眠りに落ちていたのだ!

 

(そう言えば、昨日は全然話進まなかったなあ、よーし!今日も考えるぞ!)

何とその日も爆睡。

次の日も、そして次の日も。

 

好きな事を考えてるから結構愉しくて、

寝る時間が愉しみになって来たりもした。

しまいには、

もうちょっと考えたいから、もうちょっと起きていたいなあ

なんて思う様にもなった。

 

ここで助けてくれたのは、

自分の”決められない”ところ。

主人公の名前が全然決まらず、

何ヶ月も仮の名前だったと言うね。

(ネーミングセンスも無い。)

だから、

“まだまだずっと考えていられる”

“この愉しい時間はもっと続く”

と言う安心感が自分をリラックスさせてくれたんだと思う。

 

いつのまにか不眠はすっかり治り、

今は毎日ぐっすり寝ている。(5分以内。)

 

あのストーリー、

船で街を出たとこまで進んだんだけど、

あれからどうなったんだろう笑。

(おまけにまだまだ序盤。)

 

20150219
photography by joel
styling code4
model hiro
hair&make-up no.yamaguchi