「着付け教室の巻。」

着付け教室と言っても

毎週とか、毎月とか定期的なモノでない。

日舞の先生のお暇な時間にお邪魔し、

(先生は普段着付けは教えていないので。)

着付けを教えて頂くと言うモノ。

 

「自分で着物を着る。」

事に関しては

全くの素人なので、

浴衣の着付けから教えて頂いている。

 

今日はその二回目。

今日も先生の着物が素晴らしい。

特にびんがたの帯。

色が絶妙。

シックな着物によくお似合いです♪

 

「うわあ、素敵ですね!」

先日の竺仙に続き、

纏の浴衣が仕上がって来た。

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ 「日日澹澹。」 

着物とかの仕事しているクセに

こういう素敵な浴衣がある事を知らないのは

あまりに不勉強過ぎる。

 

今日は前回のおさらいを兼ねて

先生の前で着る。

うう、凄い緊張。

でも、練習通りやれば大丈夫!

大きく深呼吸して。

まだまだ初心者なので

帯は前で結び、

後ろへくるっと回すやり方。

(お♪まあまあ出来たくさい!)

 

「お願いします!」

「うん、なかなかうまく出来ていますよ♪」

とお褒めの言葉を頂く、やったあ!

 

でも、

そのあと先生に着付けてもらったら

全然違った・・・。

生地の身体へのフィット感と

帯を締めた時の感触。

そして何と言っても

シルエットが全然違う。

(あー、この前教えてもらった時はこうだった。

うー、全然違うー。)

 

で、

再チャレンジ!

今度はさっきのよりいいかも!!

「うん、さっきよりいいですね。」

やったあ!!!

(先生は誉めて伸ばすタイプだね。笑)

 

ついでに後ろで結ぶ方法も教えて頂く。

(後ろで結ぶなんて無理無理とても、

いつか出来る様になるといいなー。)

と思いつつ数回やってみるが、

何ともまあ難しいこと。

鏡を見れば逆に見えてやりづらいし、

見ないで手探りなんて全然全然。

おまけに手をずっと後ろに回しているので

腕の痛いこと痛いこと。

 

「じゃ、ちょっと休憩しましょう♪」

先生がお茶を入れてくれた。

先生とのお話は楽しい、

先生は所作や物腰が素敵なのだ。

着物を着れる様にもなりたいが、

その素敵さを学びたい。

 

宴も酣、

そろそろお暇の頃かなと思いきやの

先生のひとこと。

「さ、少し時間も経ったので

忘れて来た頃でしょう。

最後にもう一回。

後ろで帯を結んでみて下さい。

出来ますよね。」

(えっ・・・。)

つづく。

 


「たんたん63話『カメラきらいの巻。』」

たんたんは

カメラがきらい。

 

ぐうぐう寝ていて

(お、シャッターチャンス!)

起動音や

カメラが近づく気配がしただけで

しゅたっ!と起きてしまう。

 

もちろん、

カメラは絶対見ないし、

カメラを近づけると

顔をそむける。

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ 「日日澹澹。」 
コンパクトカメラを近づけたら、違う種類の猫になってしまった。
相当嫌がってる。笑

 

でも、

例外もある。

超爆睡の時とか・・・

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ 「日日澹澹。」 

おしり丸出しで寝ている時とか・・・

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ 「日日澹澹。」 

ごはんが待ち遠しい時とか・・・

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ 「日日澹澹。」 

いいかげん、ごはんよこせ!って時とか。笑

ヘアメイク・ヤマグチノリアキのブログ 「日日澹澹。」