「たんたん62話『たんたん誤飲騒動の巻。』」

「たんたんのケージの中にイヤホンのカバー落としちゃったかも!」

カミさんからメールが来た。

 

簡単に説明すると、

たんたん(ウチの猫)は背骨が折れている為、下半身不随。

で、前脚だけで這う事は出来るが、

その時、後脚が引っかかって危ない

(感覚が無いので)

ので、

1m×2mのケージの中で暮らしている。

だから、

自分らと遊ぶのもケージの中。

 

話に寄ると

昨夜、カミさんが、

Kindleで何かを聴きながらたんたんと遊んだ時に

どうやらイヤホンカバーを落としたらしい。

 

猫は何でも食べちゃうから

誤飲は命にかかわる大問題。

慌てて、部屋から何から引っ掻き回して探す探す。

探しつつ、ネットで対処法なども検索。

万が一の為に、病院にも電話。

 

(見つからん。

たんたん、

食いしん坊だから絶対食べたな・・・。

どーしよ。)

 

とりあえず、

柔らかくて美味しい缶詰を

(いつもそんなにもらえない。)

山盛りであげる。

(う○ちで出やすいように。)

 

たんたん、ごはんにまっしぐら!

で、

6時間ほど経ち

相当部屋が散らかった頃、

見計らったかのように

カミさんからメールが来た。

「イヤホンカバーあったよ!!」

 

よかったー、見つかって。

たんたんは誤飲してなかったんだ、ほっ。

(どうせバッグの中にでもあったんだろう、人騒がせなやつめ。)

続きを読む。

 

「耳に挟まってた!」

ちーん。

 


「悩ましいの巻。」

外出すると仕事柄、

ついつい髪型やメイク、

そして服、靴、バッグ

(服、靴、バッグは自分が好きなだけだけど。)

に目が行ってしまう。

 

と或る日の電車の中、

目の前にいる女性。

コンサバでブランド物を混ぜつつ

小綺麗なコーディネート。

 

ただ、

トレンチのボタンを掛け違えていて

襟が超アシンメトリーに。

キャプテンハーロックくらい襟が大きければ

すぐに気付いただろうに。

 

その翌日。

後ろ向きに立っている女性の

上着の裾から

タグが出ている。

ブランドタグなら、

オシャレ?もあり得るのだが

(あり得るのか?)

ぶら下がっているのは

プライスタグだった。

 

今日び、

いろんなファッション(個性)があるので

わざとなのか、たまたまなのかの

ボーダーラインがわかりにくい。

スカートがめくれて

パンツ丸出しまでくれば、

確実に教えてあげられるのに。笑

(まさかそれも!)

実に悩ましい。