「男の着物・その6(花緒をすげ替えに行くの巻。)」

先日書いたブログ、

「男の着物・その5(下駄を履いたら足が痛い!対策編)」

の続編。

 

「花緒をすげ替える。」

(革製から布製へ)

って事だったけれど、

さて、

どこで出来るんだろう?

 

基本的に

呉服屋さんではやっていない。

(特に下駄はやってくれる所が少ない。)

 

浅草に行けば

どこかしらにあると思うが、

どこへ行けばいいのやら。

 

着付けを教えてくれた先生に

聞こうかなと思っていた矢先、

妻が会社で

お世話になっている先輩が、

行きつけの所を教えてくれた。

(ありがとうございます!)

 

場所は八王子、

福島履物店

早速行ってみた。

 

八王子は

車で通った事はあるけれど、

駅に降りるのは初めて。

こういう初めてのとこはいーね♪

 

何だろ?

今まで来た事がない街って感じかなあ。

(今まで行った所で似てる所がない。)

 

北口を出て、

左前方向、

三井住友銀行と

松屋の間の道を行く。

 

歩いて5分弱くらいで到着。

お運良く

お客さんはいなかったので、

早速花緒を見せて頂く。

 

今回の狙いは、

男性物ではなく女性物、

出来れば赤、橙、紫あたり。

 

(どれにしようかなあ♪迷うう。)

 

迷ったはいいのだが、

迷い過ぎて

逆に決め手を欠いてしまった汗。

 

そんな中、

男性物でシックなのがあった。

 

(う〜ん、

布製だからと言って、

100%痛くない訳じゃないよなあ。

まずは

それなりの時間履いてみないと。)

 

そういう意味では

まずはシックな色でいいのかも。

痛くなかったら、

また花緒変えればいいっしょ♪

 

所要時間は20分程、

出来上がりを試しばき。

「おお!痛くない!」

 

もちろん、

何時間か履いて

初めて分かる事だけれど、

現時点で

これだけ痛くないなら大丈夫そう。

 

初めから付いていた

印伝の革製花緒も、

今後使うかも知れないので

使える状態で外してもらった。

(ズバッと切っちゃうお店もある。)

 

花緒が2900円(税込)、

すげ替え代が1080円(税込)、

合計3980円なり。

 

花緒の在庫は、

サイトで掲載されている物でも

店舗になかったりする事もあるので、

(同じ物が沢山無いので)

柄が決まっている人は、

一度問い合わせをしてから行くのが◎。

 

ちなみに、

下駄や草履、雪駄は、

花緒がすげ替え出来ない物もあるので

そこは要確認。

 

もちろん、

ここで土台と花緒を買うと

すげ替えや調整は無料。

 

今回、

花緒は”布製”と書いたけれど、

ただの布ではなくて

いろいろ種類がある。

(土台や花緒に関しては

上記サイトを詳しく記載があります。)

 

また、

他店で購入した物も

快く引き受けてくれる。

ありがたいです!

 

これで

それなりに歩いても

痛くなかったら、

一気に一軍入りだね!

 

 


無地の縮緬と花柄が良い感じ♪よく見えないけど裏地がグレーで◎

 

 

 


「男の着物・その5(下駄を履いたら足が痛い!対策編)」

「下駄を履いたら足が痛い!痛い編」

の続き。

 

初めて下駄を履いたら、

足が痛い痛い。

 

普段スニーカーなのと

足の皮膚が柔らかいので、

なかなか下駄が慣れない。

 

このままだと

いつまで経っても

浴衣が着れないよー。

 

ので、

まずやってみたのが、

花緒が布地の物を

ご近所用として購入。

 

(コンビニとか行く時、

履くといーじゃん!)

歩いて慣れよう!作戦。

 

見事失敗。

 

失敗の原因は

「土台が重い上、

足に合わなかった。」

 

(花緒が布地なら、

安いのでいーや。)

がいけなかった。

 

一回コンビニに行っただけで

足(指周り)、

速攻真っ赤。

 

価格の安い物は、

花緒の調整や

“すげ替え”が出来ないのと、

土台が重かったのもあり、

自分の足には合わなかった。

 

そこで、

今度は

「簡易雪駄」なる物を購入。

 

雪駄は下駄よりも軽いので、

試すにはもってこい。

しかも、

この雪駄は底がスポンジなので

軽い軽い!

(通常は革底。タイヤ底ってのもある。)

 

ただ、

合うかどうかは分からないので

まずは、

安価な物で試してみた。

 

買ったのはこれ↓


2000円ナリ!

 

(どれどれ・・・。)

履いてみたら

おお!全然痛くない!

しかも軽い!

 

先出の下駄は

普通の通販だったけれど、

今度のは和装履物専門店。

これならイケそう!

 

普段履きなら、

これで十分。

ただ、

夏は浴衣に下駄を履きたい!

 

なので、

根本的な解決方法をひとつ。

 

それは

「花緒を今の革製から

布地の物にすげ替える。」

 

“テーピング”もあるけれど、

これは最後の手段。

 

ちなみに、

鼻緒にはいろんな生地があって

しかも!

女性物を使ってもいいらしい♪

それも選ぶのも楽しそう♪♪

 

なので、

もうちょっと涼しくなったら

花緒をすげ替えに行こうと思う。

 

あとは、

“歩き方”

ってのもあるんだよね。

(花緒を指で挟むとか、

下駄に対して足の角度とか、

歩き方そのもののコツとか。)

 

これはほぼマスターしたので、

自分の足に合った花緒をつけたら

歩いてみよう!