「オメガトライブ×フレデリック×メイクボックス」

一日中自分の耳から離れないフレーズ

ってのがたまにある。

(一日縛りで翌日までは続かない。)

 

これの恐ろしい所は、

自ら進んで聴いた訳では無いのにも関わらず、

何かのキッカケで覚えてしまっていることにある。

 

昨日は、

何故だか分からないけど

頭の中を駆け巡ったのは、

“杉山清貴”のサマーサスピション。

 

そもそも、

杉山清貴さんてどういう人かも知らないのに

この歌は何故か知っている。

しかもサビの部分は歌える位覚えている笑。

 

誰か分からなくても

今は調べる事が出来て便利!

早速YouTubeで検索する・・・

なるほど!こういう人だったんだ。

でも、

“杉山清貴とオメガトライブ”

ってなってんなあ、グループ?

 

“オメガトライブ”と言えば

自分が知ってるのは

”カルロストシキ&オメガトライブ”。

 

もちろん、

このカルロスさんも知らないんだけど笑

歌は知ってる!

確か、

アクアマリンのままでいて

と言う歌。

(サビがまんまタイトルなので覚え易い!)

 

これはむか〜しむかし、

“W浅野”出演の”トレンディドラマ”と言うのがあって

その主題歌だったんだな。

 

ドラマは見た事ないんだけど、

本木雅弘くんが何とヘアメイクの役で出演していて、

(スタイリスト役の浅野温子さんに恋すると言うby Wiki)

当時彼の髪を切っていた事もあり、

小道具としてメイクボックスを貸していた

ってんでこの歌は覚えてたんだよね。

いずれにしても懐かしい曲。

 

『話逸れ1』
そう言えば、
今ってメイクボックス持ってるヘアメイクって少ないかも。
(黒くて、開くとパタパタとひな壇が出来るやつ。)
RIMOWAのスーツケース持ってる人多い。

 

そして今日。

先日受けたブログ作成依頼の仕上げで

(凄い久々、出来るかな汗。)

この上天気の中ずっと籠ってるんだけど、

頭の中を駆け巡る曲は・・・

フレデリックの”オンリーワンダー“。

(昨日と今日での年代の差が激しい。)

 

昨日、ラジオで耳にしたのをキッカケに

頭の中をぐるぐる回っている笑。

この曲はMTVかC-ONで一度観ただけなんだけど

クセになるフレーズ満載。

(振り付けは覚えやした。)

 

『話逸れ2』
そういえばなんだけど、
アメブロって今年リューアル?してたのかな?
以前使ってたんで
まあまあ出来るだろうと思ってたら、
何だかやり易い様なそうでもない様な。
(昔の技が使えないのは残念無念。)

 

まあ自分の売りは

構成そのものより、

“トップ画”

にあるので気にはならないけど、

ちょっと時間経つといろいろ変わるもんだ。

 

さあ、

休憩終わり!

ワンダーテンダーブログ作ってんだ!って事で

続き頑張るぞう。

 

20161007
我がメイクボックス達(ゼロハリバートン×2)ゼブラがメインでシルバーがサブ。
中身も2セット分入っているので、万が一の時も安心☆

 

 


「ゼクシィ SPARK! “スパーク!”トークイベント。」

クシィ SPARK!」は

今年7月に創刊されたムック本。

(mook本=magazin+bookの和製英語。)

それを受け、

昨日、青山の”LA COLLEZIONE”で

トークイベントが行われた。

 

その日は、

友人でもある作家の五百田達成氏が

ゲストとして出席するとの事で、

ひやかしヘアメイクとして同行。

 

通常結婚式は

式場やホテル等で行うけれど、

それはゼクシィに任せて

ゼクシィSPARK!では、

“形にこだわらない愉しい結婚式”

が満載。

日本だけでなく、世界各国、

いろんな結婚式が沢山紹介されている。

 

写真や構成がファッション誌の様で、

見ているだけで愉しめる。

かと言って、

ファッション誌の様に見るだけじゃなく

いろんな情報が満載なので、

読み込む事も出来る。

(Animal’s Weddingが面白い♪)

20160929d
表紙は鏡面加工されている。鏡の中に映るのは・・・

 

結婚式も良い意味でボーダーレス。

ホテルや結婚式場、レストランはもちろん、

いろいろな場所で

いろいろな形の式が行われている。

 

こんな結婚式がしたい!と思った時、

どんな結婚式にしようか?と迷った時、

こうしていろいろなケースを紹介してくれる雑誌があるのは

有り難いし嬉しい事だと思う。

 

そしてトークイベント。

共演者は

はるな愛さんとデーブ・スペクターさん。

 

愛さんが控え室に入って来た瞬間、

(わー♪)

もう可愛いのなんの。

ご本人も可愛いんだけれど、

とにかく衣装が可愛くて素敵。

会場に花が咲いた様な素敵な衣装だった。

特に衣装のオファーはなかったとの事だけど、

そこを意識してる所もさすが。

 

デーブさんは

思いっきり羽目を外すと思いきや、

凄く真面目なトークも。

変な間が空いたとしても、

さらっと埋めてしまうのがさすが。

こうしたトークイベントでは

必須なお二人でした。

 

一方、我らが五百田氏は、

(今日、僕って何したらいいんですかね?笑)

なんて言っていたが、

二人の間を巧く縫ってトークしていた。

とかく脱線しがち&止まらない二人だから、

彼が止めなきゃ誰が止める笑。

 

こうしたトークイベントは

キャスティングがもの凄く大事だけど、

そういう意味では安心して見ていられる3人で

とても愉しいイベントだった。

 

しかもこのイベント、

ちょうど愛さんが藤原紀香さんの披露宴に出席した翌日。

プライベートな事も含め、

この時期を狙うなんて凄腕制作!

と思って聞いてみたら、たまたまだそう笑。

でも、

宣伝効果倍増は間違い無し!

(テレビは全局来ていた)、

誰か持ってる人いたんだな笑。

20160929x
終止和気藹々の愉しいイベントだった☆

 

結婚式って

基本、”新郎新婦の為”だと思うけれど、

現実には、

大人の事情や金銭的な事、

いろいろな事がまとわりつくのが現実。

 

そういう意味で

このゼクシィSPARK!は、

多種多様な結婚式のバイブル的な存在に

なって行くんじゃないかなと思う。

 

しばらくは年イチらしいけれど、

今後が愉しみなゼクシィ SPARK!でした!

20160929z
愛さん、編集長の今西さん、デーブさん、そして五百田氏。
愛さんの衣装がめっちゃ可愛かった♪