「ライダースジャケット。」

16歳〜30歳ちょいまで

バイク乗りだった事もあり、

ライダース好き。

 

今持ってるのは

カウレザーのシングル。

厚手でしっかり、

バイクでコケても身体を守ってくれる。

 

ライダースって

着ると何だか

背筋がピッとして気持ちいいんだよね。

 

バイクに乗らなくなってから

20年くらい経つけど、

未だに着ている大事な一品。


型押し&スタッズがお気に入り。

 

今はファッションとして着るライダースも増え、

頑丈で重いカウレザーに比べ

軽くて柔らかいラムレザーが多いのかな。

 

ライダースはいくつも要らないので

これひとつで十分なんだけど、

出来れば、

出来ればダブルで

柔らかい&軽いのがひとつ欲しいな〜

と思っていた。

(ラムレザーかホースハイド。)

 

ただ、

革モノって

身体のサイズに合うのは

なかなか見つからないんだよね。

オーダー以外で

着丈、肩幅、身幅、袖丈がピッタリ!

なんて、

まず出逢う事は無い。

 

と思いきや!

出逢ってしまった♪

(何年も探した甲斐があった。)

 

素材はビンゴのラムレザー。

イタリアメイドにも関わらず、

着丈、肩幅、身幅、袖丈、

自分の身体にどピッタリ。

こんな事もあるんだね。

 

これは出逢いに感謝しかない、

まさに一生モノ。

(一生太る事は許されないけど汗。)

寒さも落ち着いて来て、

ちょうどイイ時期に見つかった嬉!

 

今日みたく

ちょっと風がある時は、

軽め(麻やシルク)のストールがあるといいな。

 

ただ、

ストールは秋冬しかしないので、

軽めのは持ってないなあ・・・。

 

(あ・・・♪)

そういえば、

先日妻がシルク&麻の良いヤツ買ってたなあ、

ひひひ。

 

早速巻いてみる。

 

まきまきまき。

 

巻けた!

 


Oh!No!巻き方間違えたぜ!夜路屍喰!
ツッパリハイスクールロックンロール〜♪

 

この1枚の為にわざわざヘアアレンジすると言うね、

ヘアメイクって罪な職業。

(こういうヘアスタイルは初めて。

せっかくだからこのまま出かけるか♪)

 

 


「Tシャツ本体廃盤により、原価割れ数量限定販売。」

「オリジナルTシャツを作ろう!」

と言うサイトが沢山ある昨今、

自分で作れるってのはいいね。

 

染め方は

“インクジェット”が一番ポピュラー、

一番安価で出来る。

何度か作った事あるけど、

普通に良く出来る。

 

でも、

でもでも、

やっぱり

(人とはちょっと違うのがいーなー。)

(小さい声。笑)

 

で、

沢山あるプリント方法を

実際作って試して、

この2つに決めた。

それが、

“抜染プリント”

“ウォッシュアウトプリント”。

 

“抜染プリント”は、

インク等をプリントする訳じゃなくて、

「熱の力で色を抜く手法」

 

面白いのが、

綿の部分にだけ色が抜けるところ。

(ポリエステル等、綿以外には作用しない。)

例えば、

黒地のTシャツ、綿100%と綿50%だと

出る色が全く違う。

これが面白いんだよね。

 

そして

“ウォッシュアウトプリント”。

プリント後、

すぐに”洗い”の行程を入れ、

色褪せた風合い(経年劣化)を出してしまおう

と言う手法。

綺麗過ぎないプリントがお気に入り。

 

一方、デザインは

“カラスアゲハ”と”クロメンガタスズメ”。

 

蝶は元々好きなモチーフ、

蛾(クロメンガタスズメ)は

玄人好みだね笑。

 

クロメンガタスズメは

映画「羊達の沈黙」で人の知る所となった。

観たのはもう20数年前なんだけれど、

そのカッコ良さったらもう。

 

映画のポスターやパッケージでは

蛾の真ん中が髑髏になってるんだけど、

実際は全然違う。

違うけどインパクトは大。

 

ファッションに取り入れたかったけど、

当時そんな方法はなかった。

でも、

昔から好きだったモチーフが

こうして創れる様になったのは嬉しい。

おかげさまで、

ずっとこのTシャツ達を着ておりまする笑。

 

で、

宣伝!

 

ちょい前にサンプルを作ったはいいけど、

Tシャツそのものが廃盤になるとの事。

(つまりは製品化はお蔵入り。)

このサンプルを何とぉ!

“原価割れ”にて販売致します!

カラスアゲハ=Lサイズ1枚、

クロメンガタスズメ=XS/S/M/L各1枚ずつの計5枚。

(一番下に画像とリンク貼っときます。)

 

「え、原価割れで3000円?」

て声もあると思うんだけど、

このTシャツ達、

本当に原価喰ってるんだよね笑。

 

通常、

洋服のブランドなら原価は10%前後、

自分のは70%強。

しかも工房やTシャツ本体が、

年々値上げしていると言う逆風。

 

天日干しじゃなくて

乾燥機でやればもっと安くなるし、

プリント方法や素材も

もっと安いのあるんだけどさ。

 

でも!

でもでも!

こだわりたいからいいんです!

Tシャツが好きだから!

 


クロメンガタスズメhttps://www.creema.jp/item/3620092/detail

 


カラスアゲハhttps://www.creema.jp/item/3620229/detail

PS
直接連絡くれてもOKです!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文