「五輪エンブレム決定。」

五輪エンブレム決定。

“組市松紋”

元々着物好きってのもあるけど

こういうデザイン好きだな。

江戸小紋を意識したデザインとの事なので

着物に仕立ててもいい感じ。

 

先日、

日舞の先生の所で”江戸小紋”の反物を見せて頂いたんけど、

柄の違う紋が縦に5種入っていてとても素敵だったんだよね。

先の国芳といい、応為といい

着物の柄って素敵だね。

このエンブレムを機に、

着物も世界中に広ればいいなと思う。

 

 

デザインって

作る(考える)のが本当に難しい。

特に五輪エンブレムはレギュレーションが沢山ある。

代表的な日本の山、富士山が使えないとか

モノクロにした時のバランスとか商標権とか、他にも沢山。

もちろん”被り”は問題外、

本当に難しいと思う。

 

それと同様、

“選ぶ”のも至難の業。

 

デザインには数学の様な正解は無い。

だから、

デザインそのものに”善し悪し”と言うモノは存在しないと思う。

「このデザイン”いい”よね。」

と言われても、

何が”いい”のか分からない。

逆に

「このデザイン、”ダサい”よね。」

と言われても、何が”ダサい”のかも。

(”デザインがダサい”って表現はどんなんか笑。)

 

要は、

“好き”か”嫌い”(好きじゃない)か。

それなら分かる。

これは専門家も素人も同じ。

 

特に今回は一度ケチが付いてしまった事で

何回選考しようが、

どれが選ばれようが、

どこまでも”ケチ”はつきまとう。

ま、2020までには落ち着くのかな。

 

次回(あるとしたら)は

「選ぶ側の人間を選挙で選ぶ。」

「応募は一般公募。」

これでやればいいんじゃないかな。

 

先の選考の様に、

選考委員会が何の基準で選ばれているか分からなかったり、

応募資格に”受賞回数”なんて設けたりしているから

皆に斜な目で見られてしまうのだと思う。

まあ、

この辺は実に”日本らしい”と言える。

 

自分達の選んだ人達(選考委員会)が決めたのなら

納得もし易いと言うもの。

ちょっと面倒かも知れないけど、

数十年に一度なんだから

そのくらい手間かけてもいいと思う。

(結局、今回はそれ以上の手間がかかったしね。)

 

でも、

こうしてエンブレムも決まった事で

めでたしめでたし。

 

PS1
一番好きなのは、やはり生まれた年”1964年の五輪エンブレム”。
誰が見ても”東京オリンピック”笑。

 

PS2
せっかく取り上げてもらったのに、先方のシステム上の問題でひとつ消えてしまった泣。
20160427b

この2枚が取り上げられてた☆YEAH!
20160427

 

 


「俺たちの国芳、わたしの国貞。」

(何で、国芳は”俺たち”で、国貞は”わたし”なんだろう?

国貞は独り占めか?笑)

 

自分の好きな絵師と言えば、

歌川国芳に歌川広重、

月岡芳年、そして鈴木春信。

春信なんてどの作品が好きか教えたくない位好きだな。笑

 

その中の一人、

歌川国芳の展示がやっていると言う事で

行って来ましたBunkamura ザ・ミュージアム。

20160413a

 

率直な感想。

う〜ん、凄い。

以上。

 

アイディアに始まり、

デッサン、色使いとかは今更言うまでもない。

言うまでもないから書く事無いよ笑。

 

もう何だろ、

観てるとちょっとこの世の物ではないと言うか、

(実際、本当に人間が創ったもの?)

と芸術(アート)とは何なのか、

ハッキリと分からせてくれる。

 

現代における芸術は、

絵でも写真でも何でもかんでもボーダーレス。

あまりにも身近になり過ぎて

“敬意”も”畏怖”も感じられない。

(感じてもらえていない。)

 

やはり身近になった分、

(何となく出来そうな、または出来る人がいそうな。)

感じがするんだろう。

それだと”芸術”と言う特別感は得られないだろう。

でも、

この作品達は、”模倣”する事さえ許さない。

 

もうね、

観れば観るほど敬意より畏怖を感じるんだよね。

だって凄いんだもん。

やっぱり手が届かない世界には夢がある。

芸術って素晴らしいです。

 

着物が好きな事もあって

着物も余計に見入ったけれど、

色合わせ?柄合わせ?

あまりにも絶妙。

服飾関係の人は必見だね。

 

因に、

一番好きだったのは”鬼若丸”。

(鬼若丸=幼少の頃の武蔵坊弁慶)

 

今回の展示、作品沢山あります!

(この作品達、全部ボストン美術館蔵かあ・・・。)

20160413f
何故か、一番最後の所だけ撮影可能だった。(期間限定。)
スマホでもこんな綺麗に(スマホだからか笑)撮れた。

 

名残惜しくも出口へ・・・

 

さあ!

お待ちかねのお!!

“ガチャポン”にチャレンジだぜ!!!

 

「ぜぇったいに3種揃えるぜ!揃うまで帰らねーぞ!!」

と鼻息も荒くチャレンジ。

 

(1回400円だから、4000円は覚悟しておかないとな汗。

まさかの1万超えとかあり得る???ゴクッ)

 

1回目!

ガチャポン!!

『イエースっ!”猫骸骨”ゲッーーーツッ!』

20160413b
(「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」)子猫が♡ 国芳=猫好きだった。

20160413c
裏も可愛い♡ こんなの思いつくなんて素晴らし過ぎる。

 

何と言う事でしょう、

1 発目で一番欲しかった物が出るなんて!嬉

(と言う事は、これから苦戦するのね・・・泣)

 

2回目!

ガチャポン!!

『ぬおーっ!”骸骨下駄”ゲッツー!』

20160413d

猫骸骨と同じ

「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」

の中に出て来る下駄ゲッツ!

(すげー!欲しい物順&被り無し!)

 

はい、しゅうりょ〜〜〜〜う!パチパチ♪

え?3つ目?

ああ、

欲しかったのはこの二つ。

どうせすぐには出ないだろうから、

全部揃えるぞ!って息巻いてただけ笑。

 

「ヤマちゃん、もう止めなよ!」

「うるせえ!出るまでやるんだよおお!」

ガチャポーーーーーーーーン!

「お、お客様っ!」

ってならなくてよかった、ほっ。

 

もっと展示の詳細を書こうと思ったんだけど、

絶対観た方がいいのでこれにて幕。

6月5日までやってますんで

じっくり観て堪能して来て下さい。

ガチャポーーーーーーーーン!