「復活。」

本日の診察の結果、

ようやく先生のOKも出て

抗生剤投与も終わった。

いやあ、長かった。

 

いつも周りには

“日常”がどれだけ大事なのかを宣っているくせに、

自分がその大事さを再認識させられてしまうと言う

何ともお恥ずかしい結果になってしまった。

 

でも、

この経験が、日常の大事さを

再び骨の髄まで叩き込んでくれた。

当たり前の様に迎える朝と、

当たり前の様に眠りにつく夜の

なんと幸せなことか。

 

入院は10年程前にやった

声帯の手術以来になるけれど、

今回の方がリカバリーに時間かかってる気がする。

“少年老い易く病治り難し”

まだ試運転な感じではあるけれど、

徐々に”日常”に戻るだろう。

 

ご心配下さって

メールやLINEをくれた方々、

ありがとうございました!

 

20160527
とりあえず散歩して好きな物食べて、徐々に日常へ。

 


「入院してました。その7『検査結果、そして・・・』」

今日は結果に因って天地の開きのあるCT検査。

予約は当日しか取れないらしく、

3時からと言う事になった。

 

と言う事は、

検査結果OKでも会計が間に合わないので

退院は最短で土曜の朝、

もちろん検査結果NGなら再手術&長期入院の可能性もある。

可能性は5050。

 

午前中、

何だかぼーっとしていた。

(早くウチに帰りたい・・・。)

 

「ヤマグチさん!CT呼ばれました!」

「えっ!」

心の準備全然してないよ、

でも、その方がいいか!

「お願いします!」

 

問題はヨード造影剤投与だけ。

「じゃ、ヤマグチさん、投与して行きますね。」

 

(あ、あったかい。)

造影剤を血液に入れるとあったかく感じるらしいけど、

本当にあったかいや。

 

ただ、この現象は

血液中に異物(ヨード)が入った事で、

全身の細胞が

「あ!異物入って来た!薄めろ!」

と、身体中から水分を集め、血管内に取り込む事から

血管内が膨張し、熱く感じると言うもので

“あったかい”と言うほんわかした言葉とは真逆の現象だった。

 

CT自体はさらっと終る。

全行程で15分?もっと短く感じた。

後は結果待ち。

 

検査を終えて病室に戻ると

お昼ゴハンが置いてあった。

普段なら100%食べれない種類の魚だったけれど

とても美味しかった。

ゴハン完食元気いっぱい!

あとは帰るだけだぜ!!

 

そしてその時はやって来た。

13時25分。

先程の看護師さんが足早に

(しかし決して走ったりはせず)

やって来た。

 

「ヤマグチさん!退院です!

先生から連絡があると思うんですが、

早くお知らせしたくて!」

「うわあ!ありがとうございます!」

「よかったですね!おめでとうございます!」

「ありがとうございます!!」

(二人共ヒソヒソ声で喜びを分かち合う。)

 

嬉しい・・・。

ウチに帰れる!

 

妻にLINEする。

「退院だぜ!」

「やったあ」

20160515z

妻はリモートだったので

(リモート:在宅にてパソコン勤務すること。

上司がリモート推進派なので有り難かった。)

わざわざ親父さんを運転手に迎えに来てくれた。

ありがとう。

今回は本当にごめん。

親父さん、ご迷惑とご足労かけてスミマセン。

 

「ウチに着いたら、たんたんを迎えに行こう!」

「そうだね!」

 

そんなたんたん、

預けていたら膀胱炎になってしまってた。

(病院のせいではない。)

ごめんね、たんたん。

 

5日ぶりに皆が揃った。

嬉しい。

やっぱりおウチが一番。

 

オレはもっともっとしっかりしなくては。

病気やケガは仕方ない、

誰でも例外無く経験するもの。

でも、

今回のは間違い無く

自分の油断、判断ミスが招いたこと。

妻にもたんたんにも親父さんにまで

心配させ、迷惑かけた。

今後こんな事を絶対起こさない様に心に誓う。

 

まだノドの違和感が取れた訳じゃないし、

抗生剤は数週間飲まなければならない。

通院も続く。

”退院出来ただけ”

まだまだ予断は許さない。

 

でも!

ただいま!!

20160515u
看護師さん達が「あ、猫ちゃん増えてる♪」と見ててくれた笑。