☆information☆

☆グラフィックアーティストとしての活動。
(Creema,minne,officialsiteどこからでも購入出来ます。)
graphic artist side 雪篭(Creema)
graphic artist side 雪篭(minne)
graphic artist side 雪篭(official site)

☆オリジナルTシャツのデザイン、販売。
JOYEUXJOEL@creema

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
I’m a hair&makeup artist and photographer.
Please see because there is a site and blog, respectively.
☆hair&make-up side “JOYEUXJOEL

☆photographer side “JOEL


「頑張ってよ!三菱自動車!!(長文)」

まずは登場人物の紹介。

「ディーラーA社」
数年前、姉貴の車を預かってる時に
何回かお世話になっている。
今の車の一年点検等はここでやっている。
家から車で15分の所にある。

「ディーラーB社(A社の別支店)」
今の車(三菱車)を買った店。
スタッフさんの対応が良くて決めた。
家から車で1時間の所にある。

「ディーラー三菱」
今の車がリコール対象だったので、
その際お世話になった。
家から車で3分の所にある。

「他県(関東)ディーラー三菱」
当初、欲しかった三菱車があったお店。
とても対応が良く、親身になってくれた。
家から車で数時間の所にある。

「ヤマグチノリアキ」
この話の主人公。53歳。
子供の頃、ギャランΣ(シグマ)、
ギャランΛ(ラムダ)が好きだった。
今は好きな車種はひとつだけど、
三菱は嫌いじゃない。

「三菱自動車CEO」
69歳、なかなか大した人物。

 

今、

自動車業界では

フルモデルチェンジ真っ盛り。

 

一年待ちとか普通にある中、

フルモデルチェンジも

マイナーチェンジも殆どない三菱。

大丈夫かなあ。

 

今、パジェロミニを

フルモデルチェンジしたら

絶対売れるって!

(噂はあるけど後手過ぎ。)

 

そんな中、

先日、車をペコリーノしたので

修理見積もりに行った。

 

行ったのは二箇所。

ディーラーのA社と

ディーラーの三菱。

 

修理内容は同じ、

(リアゲート&バンパー交換。)

対応を比較。

 

『敷地内に到着』
A:スタッフが走って出て来て車を誘導。
インカムにて、すぐ対応出来るスタッフを探す。
三:数メートル先にスタッフがいて、
こちらを見ている。反応は無し。

『入り口から入る。(自動ドアが開く)』
A:スタッフ全員起立「いらっしゃいませ!」。
三:全員顔を上げず、パソコンを見ている。
(両店共に、カウンターにスタッフ4〜6名。)

『その後』
A:席に通され、お茶菓子タイム。
三:「すみません」と声をかけると、皆気付き、
(担当誰?)と顔を見合わせている。
その後、席に通されお茶タイム。

『見積もり』
A:A4用紙3枚に見積もり詳細。所要時間15分。
三:A4用紙1枚に見積もり詳細。所要時間1時間。
(お客はA社の方が多い。何故か三菱の方が高い。)

『担当者の対応』
A:にこやかで◎
三:にこやかで◎

『帰り』
A:沿道への誘導「ありがとうございました!」。
三:沿道への誘導「ありがとうございました!」。

 

ちなみにこの対応は、

見積もり以外毎回同じだ。

 

話は少し遡り、

今乗ってる車種を探してる時の事。

他県のディーラー三菱に

探していた三菱車があった。

 

即決しても良かったので、

近所のディーラー三菱に

引っ張って欲しいと言う話をした。

(社内で在庫を移動させる事が出来るので。)

 

すると、

三菱には2種類のディーラーがあるらしく、

同じ三菱だけど会社が違うとの事。

 

そこでスタッフの

失笑しながらの一言。

「出来るには出来ますけど、

手数料が凄くかかるので無駄ですよー。」

 

いやいや、

お金出すのオレでしょ?

無駄かどうか決めるのオレじゃね?

 

その後、

しばらく沈黙の時間。

(あれ?これで終わり?)

 

「あの〜、他に在庫とかありますか?」

「は?」

「いや、この車種が気に入ってるんで、

あればすぐ買いたいって事で来てますよね。

だから、

同車種の在庫があれば

勧めて欲しいんですけど。」

「ああ!」

(これはダメだあ・・・。)

 

ちなみに、

その時、乗って行った車を

下取り査定してもらったら、

なんと!

B社の8分の1だった。

そんな事ある?

 

先出の他県ディーラー三菱、

本当は取り置き出来ないのに

キープして待っててくれた。

 

「これこれこういう訳なんで、

今回は見送りって事で、スミマセン。」

と、この話をしたらビックリして

情けないって憤慨してた。

 

「偽装疑惑以降、

汚名返上って訳ではないんですが、

お客様を第一に

社員一丸となって頑張っています。

そんな中、

こうして新規のお客様がいらっしゃるのに、

こんな対応で本当に情けないです。」

本当に申し訳ありません!」

この人のせいじゃない。

 

その後、

近所のディーラーには二度と来ないだろう

と思ってた。

 

そんな中、

昨年リコールがあり

再び行かねばならなくなった。

 

出迎えまでは同じだったが、

「今後、ヤマグチ様を担当させて下さい!」

って人がいてめっちゃ嬉しかった。

今までの話も全部して、

ギャランの話もして

凄く盛り上がったんだよね。

 

買ったのはB社だけど、

修理や車検はここにしたい!

と思って来た修理見積もり。

この対応の差はなあ。

 

でも、

途中で担当者が来てくれて

(前のお客さんが帰ったので)

開口一番、

「おケガはなかったですか?」

って言ってくれて嬉しかった。

 

三菱のスタッフさんで

お客さん思いの人は

ちゃんといるんだけど、

全体が滞ってる。

 

その主たる原因が

昨日分かった。

 

「やまちゃん、これ面白いよ。」

と、

妻がリンクを送って来た。

三菱自動車CEO「若い社員への”違和感”」

 

早速読んでみる。

 

あ〜、なるほどね。

 

“風通しの良い会社にしたい”
と言っているのに、
若い社員が
直の上司が話にならないと判断したら、
その上に話を持って行くのは
秩序が乱れてよくない。

とか、

その風通しを良くする中間管理職は
どんな人かと言えば、
明るくて好奇心があふれ、
家族を大事にして親孝行出来る人。

とか、

本気で言ってるの?

と思う事ばかり。

 

「明るくて好奇心があふれ、
家族を大事にして親孝行出来る人。」

確かに中間管理職に

そういう人がいればいいけど、

それって、

良いお父さん像じゃん。

 

こういう人がトップにいて、

周りは何も言わない、

言えない、言わせない。

これが今の三菱の姿なんだね。

 

妻「これじゃあ、

優秀な人材は誰も行かないね。」

「おっしゃる通り。」

 

CEOさんは69歳。

昨日のブログじゃないけど、

思考停止してるよ。

 

停止って言っても、

考えてないんじゃなくて

多方面に考えが及んでいない

ってこと。

 

言ってる事は

間違っている訳じゃないんだけど、

的外れ感、

時代遅れ感が凄い。

 

記事では、

三菱若手社員に対して

危機感を持っているって事だけど、

ご本人が自分に対して

もっと危機感を持った方がいい。

 

それと、

一度A社と自分とこのディーラーに

お客さんとして行ってみるといい。

 

自分は、

三菱が嫌いな訳じゃない。

地元にもお金を落としたい。

 

せめて、

自動ドアが開いたら

皆で元気に

「いらっしゃいませ!」

って言ってよ!

それだけで違うんだから。

 

あともう一歩、

ちょっとした気持ちがあれば出来る事を

やって欲しい。

頑張ってよ!三菱自動車!!

 

とりあえず、

今回の車検はA社に持って行きます。

次の車検の見積もりの際は、

「おお!ここでお願いしよう!」

と思われるお店になっていて下さい!

期待してます!

 

PS
このお話は、近所のディーラーでの体験談。
お店によって差異はあると思うし、
頑張っているスタッフさんも居る事だけは
お伝えしておきたい。